会社設立で頼れる税理士
会社設立で頼れる税理士

税理士の必要性

税理士ナビ | 06月02日更新

会社設立の際、税理士が必要になる場面も多いです。
そのわけは、会社の基本情報の設定から、開業直後の営業まで、すべての場面が税金と関係するからです。
基本的に営利活動を行うときは、税金が発生します。
その種類も多く、すべての税金を意識して対策するのは難しいのですが、やらないわけにもいきません。

税務がきちんとなされていない会社は、健全な法人として扱われないのが普通です。
あまりにもその内容がひどい場合、悪質な脱税として扱われ、刑事責任を問われる可能性もあります。
特に株式会社は世間から求められる責任も重く、不備の多い税務をやっていると問題になることが多いです。
また、悪気はなかったとしても、税務に不備があると本来払うべきだった金額に延滞税などが加算されます。
一種の罰則で、コレが加わるほど税金も重くなります。
これで課税額がかさむと、会社運営が厳しくなるのは間違いありません。

税務とはこのようなものですから、会社の設立時からどうしても税理士が必要になることが多いんです。
もし税理士の力を借りなかったら、どうなるでしょうか?
このときは税務に不備が出る可能性が高いです。

知っておきたいのは、法人としての税務は、個人の税務よりもさらに複雑になることです。
個人自営業としてすでに一定の事業をやっている方の場合、税務は自分でやっていた方も多いでしょう。
個人自営業者の税務は基本的に確定申告となりますが、これは個人でもやれることは多いです。
売り上げによっては自分でやった方がお得になることもあり、自力でやっている自営業者も多いですね。

ですから法人化した後も自分で税務をやるつもりの方もおられますが、実際には法人化した後の税務は税理士にお願いしている方が大半です。
法人税の計算や代表取締役も含めた社員への給与計算とその処理など、法人を作ると個人自営業時代よりもややこしい会計処理や税金計算が必要だからです。
このような理由で、会社設立時には税理士の力が必要になることが多いですから、そのつもりで起業するといいでしょう。

top