会社設立で頼れる税理士
会社設立で頼れる税理士

会社設立時にかかる税理士の費用

税理士ナビ | 06月02日更新

税理士に何かをお願いすると費用がかかります。
会社設立時に税理士の力を借りると、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

まず会社設立時に多い顧問契約だった場合の費用をご紹介します。
これはその会社の売上規模によって値段が変わるのですが、会社設立当初は1000万円以下になることが多いですよね。
その基準では、月額で1〜2万円程度です。
年間一括払いで多少の割引を受けられることもありますが、それをしない場合、会社設立当初から月に1〜2万円ほど必要になると思っておくといいでしょう。

この値段で受けられるサービス内容は、会計の代行のほか、月に1回程度の面談です。
毎月の記帳を税理士の方で対応しつつ、面談で今困っていることや、税務面でわからないこと、これからの経営方針について税務面からアドバイスするなど、いろいろなサポートをしてくれます。
開業直後から毎月税理士費用がかかりますが、その代わりに受けられるこれら税務面のサポートがありますので、これくらいの費用は出して税理士と提携できると、事業が軌道に乗りやすくなります。

今ご紹介したのが顧問報酬についての費用で、もし会社設立に関しても何らかのサポートをしてくれるなら、その業務についても費用がかかりますので、こちらも確認しておいてください。
会社設立手続き自体にかかる税理士費用は、3〜5万円程度が標準です。
すべての税理士がこのような手続きに対応できるわけではありませんが、対応できる場合はこれくらいの費用を用意しておくといいでしょう。

その他、このような顧問契約や創業手続きの完全代行サービスではなく、会社設立にかかる手続きの一部だけを代行する場合は、1件あたり2〜3万円ほどかかります。
会社を作る中で、税務署などに届け出をする必要があります。
税理士と顧問契約を結ばない場合でも、ここでだけは税理士の力が必要になることも多いです。
そこにだけ対応する税理士もいますので、そのときはこのような値段で書類の作成代行や提出手続きを請け負ってくれますよ。

会社設立にかかる税理士費用はこのようになっていますが、各事務所によって料金設定は違いますので、よく確認してください。

top