会社設立で頼れる税理士
会社設立で頼れる税理士

税理士の選び方

税理士ナビ | 06月02日更新

会社設立時に税理士を頼ることも多いかと思いますが、このときに知っておきたい選び方をご紹介します。
まず会社設立の手続きから設立後の届け出、営業開始後の顧問契約まで、すべて一括で引き受けてもらいたいなら、各税理士ごとに対応できる業務内容をよく確認してください。

設立後の各種届け出や、顧問契約については引き受けられる税理士が多いですが、会社の設立手続きのサポートは税理士によって対応が大きく変わります。
それまで含めて一括で対応してくれることもあれば、こちらは業務対応外となる場合もあるんです。
すべての手続きをやってもらいたいなら、まずは対応できるサポート内容が多い税理士を選びましょう。

あとはその税理士と直接会ってみて、そのときの印象で選ぶといいです。
いわば採用面接と同じですね。
ココで選ぶといいのは、謙虚で実務に詳しい方です。
できるだけそのような税理士を選ぶといいでしょう。

謙虚かどうかは、その税理士との付き合いやすさに強く影響します。
あくまで相性の問題もありますが、謙虚な税理士の方があとでトラブルになりにくく、顧客満足度も高くなる傾向があります。
会社の設立時からこのような税理士と提携できた場合、非常に心強い相談役となりますよ。
もちろんビジネスパートナーとしての契約ですから、謙虚さとあわせて実務面での実力も大事ですね。
専門となる税務はもちろん、会社設立関係のサポートにも詳しい方を選ぶのがオススメです。

これらの調べ方は簡単です。
直接面談したとき、わからないことや不安面、手続きなどについて率直に尋ねるといいでしょう。
このときに、具体的でわかりやすい返事ができる方がオススメです。
また、一般的な面接と同じく、身だしなみや振る舞いもポイントになります。
服装や髪形がきちんとしており、一般常識を押さえている状態であれば、その税理士はかなりオススメですね。

このように会社設立時の税理士の選び方は、まず対応できるサービスをよく調べた上で、あとは面接形式での印象によって決めるといいでしょう。

top