会社設立で頼れる税理士
会社設立で頼れる税理士

税理士の役割

税理士ナビ | 06月02日更新

会社設立時の税理士の大きな役割は、税金対応です。
税理士は税務の専門家で、税金の申告に問題がでないような会計や、なるべく税金が安くなるような対策をしてくれます。
これは他の専門家ではできないことです。
そのワケは、税務は税理士の独占業務だからです。
ほかの専門家では法的な理由で対応できませんし、そもそも税務は非常に複雑な作業になりますので、税理士以外の専門家では対応したくてもできません。
この点を対応するのが、税理士の基本的な役割になるでしょう。

具体的にやってくれるのは、まず適切な会計処理です。
会社を運営していくうえで、適切な会計は必須科目です。
これができていないと法人としての健全性を疑われる恐れもありますし、税金の手続きをするときも問題になることがあります。
記載すべきお金の流れや、経費に加えるものの適切な処理などがきちんとなされていた方が、印象がいいんですね。
特に会社を作り、法人として活動すると、求められる水準は高くなりがちです。
世間一般や税務署から求められる基本的な会計について、税理士はよく知っています。
税理士の力を借りると、会社設立直後からこのような適切な会計ができ、基本的な税務に支障がなくなります。

それに節税対策も加えられるんです。
税務も適切にやるのはもちろんのこと、できるだけ課税額が少なくなるようにしたいですよね。
税理士にお願いすると、このような対策も可能です。
法的に問題ない範囲で、なるべく税金が少なくなるような対応はあります。
使える対策をすべて使った場合、課税額をなるべく抑えられます。

一度発生した税金のキャンセルなどは基本的にできず、納税猶予も受けられない場合も多いです。
創業まもない会社でも基本的に例外はありません。
せっかく作った会社が高い税金で行き詰まらないように、使える節税対策はすべて使っておくといいです。
コレも税理士の大きな役目になりますね。

このように税金関係のことが、会社設立時の税理士の主な役目となります。
とても大事なことですから、税理士とはしっかり相談しておくといいでしょう。

top