会社設立で頼れる税理士
会社設立で頼れる税理士
税理士ナビ | 09月24日更新

会社設立!登記に必要な書類を一覧でまとめてみた!

 

会社を設立するとき、何から手を付けていいのか分からず、戸惑ってしまう人も多いはずです。
まずは会社の商号や事業目的、資本金などを決め定款の作成・認証を行います。
定款の作成・認証が完了すれば、会社設立に必要な登記の申請ができるようになります。
そこで、登記の申請に必要な書類を一覧で見ていきたいと思います。

・登記の申請に必要な書類一覧!
1.発起人の決定書
2.払込を証明する書面
3.設立時役員の就任承諾書
4.取締役全員の印鑑証明書
5.株式会社設立登記申請書
6.登録免許税納付用紙(収入印紙用台紙)
7.定款
8.印鑑届出書
9.登記すべき事項を保存したCD-R・FD など

以上が登記の申請に必要な書類となります。
1つでもかけていたり、内容に不備があったりしてしまうと登記の申請が出来ない場合があるので、間違えのないように1つ1つ慎重に書類を作成しましょう。
また、資本金に現物資金がある場合は、調査報告書や財産引継書、資本金額の計上に関する書類なども提出しなければなりません。

・振込を証明する書面の作り方とは?
登記を行いたい人の中には、振込を証明する書面の作り方が分からないという人もいるでしょう。
振込を証明する書面については定款に記載した資本金が、発起人の口座に振り込まれているかを示す書類です。
この書面を作りたいときは定款の認証後、各発起人にATMや銀行口座から代表取締役の個人の預金通帳に出資金を振り込んでもらいましょう。
会社の銀行口座は登記が完了してからでないと作成できないので、ひとまず口座を新規開設し代表取締役の個人の預金通帳に出資金を振り込んでおきましょう。
このとき気を付けなければならないことは、振込金額と氏名が分かるようにしなければなりません。
なので、氏名が分かるように発起人は個人名で振り込むようにしましょう。
払込を証明する書面の作り方は、「資本金の振込証明書ひな形Word」からダウンロードし必要事項を記入し、通帳のコピーと一緒に添付すれば完了となります。

このように登記の申請を行うには、最低でも9つの書類が必要になります。
資本金に現物資金がある場合は、登記の申請に必要な書類を加えて申請を行うようにしましょう。
出資金の振込みをするときは、必ず定款の認証を行った後で出資金を振込みするのがポイントになります。
通帳のコピーを取るときは通帳の表紙と裏表紙、振込が印字されているページをコピーしましょう。
払込みを証明する書面とコピーをしたら、製本にしたら払込を証明する書面は完了します。

税理士ナビ | 08月25日更新

会社設立に重要な株主

 

起業した当初は、会社設立を行った本人が全ての株を保有している状態が現在では一般的になっています。
昔はこのような方法が難しかったのですが、それは資本金が1000万円以上という決まりがあったからです。

ちなみに1000万円以下で300万円以上の資本金の場合には、有限会社という名前で会社設立を行っていました。
それが現在では有限会社というのは無くなり、合資会社と合同会社に分けられ、株式会社の資本金にも決まりがなくなったことから、一人株主という方法が可能になったのだと言えるでしょう。

1000万円という大金は、一般の人ではなかなか用意することはできません。
そこで第三者の出資を受け入れて起業する人が多かったので、一人株主というのは滅多に見かけませんでした。

それが現在では見かけるようになったのですが、中小企業の場合にはこの方法がベストです。
なぜなら株主というのは実質の経営者であり、取締役である社長や会長よりも強い権限を持っています。

その権限を自分一人が持っている場合には、実質自分が全てを取り仕切る株式会社になるのです。
それならなぜ最初から自分一人の株式にしないのかというと、出資を全く受けられなくなってしまうからです。

会社経営というのは、良いときもあれば悪いときもあるので、悪いときには誰かに助けてもらわないと、倒産してしまうこともあるでしょう。
このような事態を防ぐために、第三者から出資をしてもらう必要が出てくるのです。

もし株式を自分だけで完全保有していた場合、出資を受けられないので借入という形になってしまうでしょう。
借入は借金なので、期限までに利息を付けて返済する義務が発生します。

その点出資は利息がつかないだけではなく、返済する必要もありません。
このようなメリットがあるからこそ、一人で株を全保有する人は少なくなっているのですが、中小企業の場合にはこのようなパターンも見かけるようになってきました。

会社設立の際には、株主との関係や持ち株比率など、いろいろと知らなければいけないことがたくさんあります。
もしこのような面倒な勉強は避けたいというのであれば、個人事業で行うべきでしょう。

ただし、個人と法人では税金も異なりますし、どれだけ支援を受けられるのかも変わってしまうのです。
もちろん個人に比べて法人はかなり恵まれているので、圧倒的に有利でしょう。

近年は政治家の悪政でどんどん法人税が下げられ、その負担を消費税などの個人税で穴埋めをしている状態です。
法人に有利な日本で会社設立を希望する人は多いと言えるでしょう。

税理士ナビ | 06月02日更新

税理士による会社設立サービス

税理士による会社設立サービスといえば、ベンチャーサポート税理士法人のものが有名です。
このサービスにはどんな特徴があるでしょうか?
まず税理士が行うサービスですから、税理士が得意とするその他のサポートも一緒に受けられます。
それは融資のサポートです。
続きを読む

税理士ナビ | 06月02日更新

税理士利用時の注意点

税理士による会社設立関係のサポートを受けたいとき、知っておきたい注意点もあります。
まずすべての税理士に手続きの代行などを依頼できるわけではない点です。
コレをよく確認しておきましょう。
続きを読む

税理士ナビ | 06月02日更新

税理士の選び方

会社設立時に税理士を頼ることも多いかと思いますが、このときに知っておきたい選び方をご紹介します。
まず会社設立の手続きから設立後の届け出、営業開始後の顧問契約まで、すべて一括で引き受けてもらいたいなら、各税理士ごとに対応できる業務内容をよく確認してください。
続きを読む

税理士ナビ | 06月02日更新

設立後の手続きは税理士へ

税理士は税務の専門家ですから、厳密には会社設立手続きは専門からやや外れています。
ですから登記申請までの手続きは、特に税理士の必要性を感じない方もおられるでしょう。
税理士が本格的に必要になるのは、実は設立後です。
そちらのサポートに力を入れている税理士もいますから、この点をよく確認しておきましょう。
サポートに強い大阪でも対応のベンチャーサポート税理士法人
続きを読む

税理士ナビ | 06月02日更新

会社設立が相談できる税理士とは

会社設立について相談ができる税理士は、どこにいるのでしょうか?
実は大手の税理士法人がコレに対応しています。
ベンチャーサポート税理士法人という名前を聞いたことはありませんか?
初めて聞いた方は、ぜひ覚えておくといいですよ。
続きを読む

税理士ナビ | 06月02日更新

会社設立時にかかる税理士の費用

税理士に何かをお願いすると費用がかかります。
会社設立時に税理士の力を借りると、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?
続きを読む

税理士ナビ | 06月02日更新

会社設立と顧問税理士

会社設立をするときに税理士の力を借りれると助かりますが、その利用方法は顧問という形になることが多いですね。
顧問税理士の基本や利点などをご紹介します。
続きを読む

税理士ナビ | 06月02日更新

税理士の必要性

会社設立の際、税理士が必要になる場面も多いです。
そのわけは、会社の基本情報の設定から、開業直後の営業まで、すべての場面が税金と関係するからです。
基本的に営利活動を行うときは、税金が発生します。
その種類も多く、すべての税金を意識して対策するのは難しいのですが、やらないわけにもいきません。
続きを読む

top